清見 克志  Katsushi Seimi
2014年入社

清見 克志  Katsushi Seimi
2014年入社

バッグ部門にてマネジメント業務と営業活動を行っています。

入社7年目に係長となってからは、一営業として自身の数値目標をどのように達成していくかを考えるだけでなく、メンバーがどうやったら最大限の力を発揮できるかを考え行動することにも多くの時間を使うようにしています。私たちバッグチームは一個人が営業のみでなく生産まで関わっていくために複雑な業務も多々あります。人によって強みを発揮できる領域は異なりますのでそれぞれのメンバーと真摯に向き合い話し込むこと、チーム間の連携でいかに効率よく前向きに仕事をできるかが課題だと感じています。また海外工場や資材メーカー様との連携を円滑化することも重要視しております。チームの発展のためにも、営業活動や新たな領域への挑戦も行っています。

アスティの良さは、メンバー全員が全力で仕事に向き合っていることです。

仕事において妥協はありません。そのため当然仕事において衝突する場面もあります。ただし全員がより良い商品をつくっていきたい思いがあるので、もちろんあとくされはありません!お客様のために、サプライヤー様のために、メンバーのために各メンバーで様々な思い入れがあるからこそ建設的な話し合いや取り組みができていると感じています。世の中が非常に早い周期で動き始めた昨今、若いメンバーの意見も重宝してもらえる風土があります。

様々な国の様々な職種の方と関わる機会が多いことにやりがいを感じます。

専門店ブランドのデザイナーの方、セレクトショップの生産管理の方、フランスの革屋さん、バングラデシュの工場の方、日本の生地屋さん、物流システムの方などなど。値段を度外視して一方的なモノづくりになってしまうとお客様には購入いただけません。逆に過度な単価追求もうまくいきません。お客様のウォンツ・ニーズを正しく理解し、私たちにしかできない提案を追求し、一つでも多くの長いつながりをつくることが私たちの責任です。中間地点にいる私たちが一つでも多くの素敵なつながりをつくることができれば、一人でも多くのお客様の心に残る商品をつくることができ、多くの雇用を守り生み出していくことにつながると考えております。

一番大切にしたいことは一人でも多くの人の幸せを生み出すことです。

いかにデジタルの分野が発展し、人々の生活が豊かになっても、私が求めたいものは一人ひとりの幸せです。様々な情報が溢れている今だからこそ、固定概念に捉われることなく、視野を広げ物事の核心を追求していきたいと考えています。

Copyrights © 2005-2018 AS'TY, Inc. All rights reserved.